浄土真宗本願寺派福井教区仏教青年会のブログです。
随時新会員募集中!

「仏教青年会」とは?
若者が仏教を通して集い、共に成長する場!
西別院仏青はそんな集まりです。
学習とレクリエーションのセットみたいな感じで
やっていけたらいいなぁ〜と思います。
お寺の人もお寺じゃない人も、どうぞご参加ください!

2007年04月13日

桜に思う

こんばんは、にんにんです。
新しい年度になり、みなさま如何おすごしでしょうか?
年度は新しくなりましたが、何にも変わっていないにんにんです。 
   

さて、オイラん家(ち)の庭の垂れ桜(しだれざくら)も今が見頃です。
この桜の木、5代前の主人が植えたと伝えられている。
オイラから数えると6代前の方です。
  
今では立派な桜に成長しました。
  
「桜の花を見て花をほめる人はあっても、根っこをほめる人は少ない」
  
なんて言葉を思い出す。
 
オイラの家の庭にどっしりと根を張って、移り変わりをじっと黙って眺めていたのであろう。
もしかすると、オイラが死んでもこの桜の木はじっとたたずみ続けるのだろう。
  
時代が変わり、環境が変わり、人が変わっても毎年春になると花を付け、眺める人を楽しませてきたのである。
  
壮大である。オイラなんかチッポケな存在なんだろうな。
  
さいごに、
  
桜の花が今年もまたたくさん咲きました
同じ木に毎年きれいに咲く花ですが
同じ花は一輪もありません
花びらが散った後に落ちる”がく”もあります
実をつけるものもあります
でも散った花はまた土にもどって
花をさかせてくれます
まるであなたのいのちのようです
あなたとの出会いがあった事を感謝します
(とある亡き人への手紙より)



posted by にんにん at 21:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

これは人によりますね

こんばんは、にんにんです。
先日の例会に参加の皆様ありがとうございました。
私、参加できなかったこと申し訳ありませんでした。
  
皆様楽しんでいただけましたでしょうか。オイラ達なりにいろいろ試行錯誤しています。ご協力ください。
  

連載ネタになってきましたが、皆さん「またこれか」と飽きてきたりしていませんでしょうか。
 
1日に1つ深く物事を考えていこうと思い、今日考えたり思ったことを日記に記しています。本日もお付き合いの程よろしくお願いします。
 
 
さて今回は、
「これは人によりますね」編です。
 
 
出演は、養老孟司さんと俳優の藤井美菜さん。二人でベンチに座り新聞を読み会話をしています。
 
 
 
藤井「先生、新聞から何を得られるのでしょう」
養老「はあ、これは人によりますね。」
藤井「人による?」
養老「自分が何か得ようと思っているというとおかしいんだけれどもね、感性をもって向かう人は何か得ることができるし、向こうが何かくれるんじゃないかと思ってついて歩いていると何にもくれないよ多分」
 
 
この会話の趣旨は、同じモノを見たり・読んだりしても、その人その人の感性や気持ちによって得られるモノは違う。
求めなければ何も得られない。その感性が大事である。その、何かを求める感性を持って新聞を読みましょう。
ってこととおもう。
 
 
 
しかし、オイラは違うことを感じている。
 
同じ道を走っていても、お腹が空いていたらコンビニやレストランの看板が目に入ってくるし、車のガソリンが少ないとガソリンスタンドの看板が目に入ってくる。
日々同じように過ごしていることであっても、時として違って見えてくることがある。
以前見たモノを再び見たとき、以前のことを思い出したとき、以前とは違う感想、さらに見えなかったモノが見えてくることがある。
 
同じモノ、同じ人であっても時によって得られるモノが違う。
 
それが感性の違いなのである。それは、経験による感性の違いだろうか、それともその時に求めていることだからだろうか、さまざまな要因がそこにあると思う。
 
 
すこし、小難しくなってきた…。
 
 
まとめると、同じように過ごしていることであったり、毎回同じことをしていても、常に求める感性が必要である。
 
同じことをしているようで、実は常にいろいろな新たな発見がある。
 
その時その時を大事にしなさいよ。
 
「一期一会」ですね。
 
という養老孟司さんからのメッセージに感じてきた。
 
 
 
同じことが続くと、すぐに飽きてしまうにんにんでした。
 
反省、反省…。

posted by にんにん at 01:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

たまにでよかったね

 こんばんは、にんにんです。 
  
今日も調子にのって朝日新聞のCM・養老孟司さんネタでブログにを書き込みします。

 
さて、今回は
「たまにでよかったね」編です。

出演は、養老孟司さんと俳優の藤井美菜さん。二人でベンチに座り新聞を読み会話をしています。


藤井「先生、新聞を読むとたまに納得できないことがあるんですけど」
養老「ああ、たまにで良かったですね。僕なんかしょっちゅうですもの。ん〜。それね、大事なことだと思うんですよ。だっていろんな意見がありいろんな見方があるんですから、一致する方が本当はおかしいと思うべき何だけれども、日本では割合にね同じになると考えちゃうんだよね」
 
 
 

オイラ、大笑いしてしましました。
 

 
「だっていろんな意見がありいろんな見方があるんですから、一致する方が本当はおかしいと思うべき」
 
 

いろんな環境、経験、性格、思い、そのときの立場、いろいろみんな違うんですものね。一致している方がおかしいと言えば、たしかにおかしい。

今、思い出した。
たしか、オイラが書店で「バカの壁」を見つけたとき、帯には「『話せばわかる』なんて大ウソ」ってたしか書いてあった。
 
 
そして、
  

「日本では割合にね同じになると考えちゃうんだよね」
  

うんうん。
まさに、オイラこの考えでした。
 
いくつかの組織に所属し、同じようにやっていても、人それぞれ考え思いが違うもんな〜。
 
もっと、広い視野と考えとココロを持たなければいけないんだよな〜。
わかっちゃいるけど、コレがなかなか出来ないもんな…。


相手の考えや言動に納得できない時、ついつい腹を立ててしまうにんにんでした。

posted by にんにん at 22:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

案外関係あんだよね

こんばんは。にんにんです。

ここ数日、朝日新聞のCMの養老孟司さんネタでブログを書いています。

さて、今回は
「案外関係あんだよね」編です。

出演は、養老孟司さんと俳優の藤井美菜さん。二人でベンチに座り新聞を読み会話をしています。

藤井「先生、新聞に書いてあることって私にどう関係するんですか」
養老「関係しないことが多いかも知れないね。」
藤井「ああ。それでも読むことが大切ですか」
養老「いや、でもそれはね自分に関係ないと思っているだけで、実は世の中のことって案外関係あんだよね。それ、若いうちは案外気がつかない」



「世の中のことって案外関係あんだよね」

  
 

なにか響く言葉です。

養老孟司さんの本には「バカの壁」や「死の壁」というタイトルがついています。ちなみにオイラも両方とも読みました。養老さんの言っている壁とは「自分に関係ないと思っているだけ」の意味も含まれるように感じた。

ここ数年、なにか「みんなのおかげで…」という気持ちが感じられるようになってきた。

自分の関係ないと思っていたことが実はいろいろ関係があるような気がしてきた。

自分の記憶にあろうがなかろうが、今までのこと全てなければ今の自分はない。

 
 

あらためて、「つながり」を考えさせられました。
posted by にんにん at 17:39| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

頭が良いとは

こんにちは。 にんにんです。


さて、一昨日たまたま見かけた朝日新聞のテレビCMが気になり、ネットで検索するといろいろなバージョンがあったので気が向いた順に紹介しています。

さて、今回は
「頭が良いとは」編です。
出演は、養老孟司さんと俳優の藤井美菜さん。二人でベンチに座り新聞を読み会話をしています。

藤井「先生、頭が良いってどういうことでしょう」
養老「ああ、これはもう”はかり方”だね」
藤井「はかり方?」
養老「なんについて頭が良いかってがそれぞれ違うでしょ。」
藤井「いろんな分野が」
養老「そうそうそう、ホントにいろいろあって、脳ミソは本当にいろんなことしってますからね。案外いろいろですよ」

藤井「じゃあ、案外みんなあたまがいい」
養老「ある面ではね」

そうですね、言われてみるといろんな分野があり、はかり方がありますね。
何気ないことですが言われてみると妙に納得してまします。

そして「じゃあ、案外みんなあたまがいい」
この言葉すごい言葉ですよね。人を見て自分のはかり方で相手を見ていないか?という問いかけを感じませんか。
もっと、広い目を持たないといけない。いろんなはかり方(この表現は自分でも納得していませんが)をして相手を見ていかねばならない。そして、認めていってあげよう。ということが伝わってきます。
金子みすずさんでしたっけ
「みんなちがってみんないい」
なかなか自分のはかり方でしか相手を見ることができない、にんにんでした。
posted by にんにん at 10:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

将来について

こんばんは、にんにんです。

昨日の日記で記しましたが、朝日新聞のCMにとても興味がわき、ネット上でいろいろ見てみたらいろいろ面白く作られていました。本日は「将来が不安」編についてです。
出演・設定は昨日通りです。(ご存じない方は昨日のブログを参照ください)


藤井「先生、私将来が不安なんです」
養老「あの〜、不安がるのは誰でも同じです。」
藤井「はい(不安そうに)」
養老「不安がないとね危なくてしょうがないですよ」
藤井「不安が大切…なんですか」
養老「不安が大切というよりも、だから”どうやって不安と同居するか”ってね。それを覚えていくことですよね。大事なのは」

私たちの将来はどうでしょうか。

確実にやって来るモノといえば、老・病気・死にまとめられるような気がします。
老いたくないという気持ちもよくわかります。(かくゆう、にんにんは現在白髪隠しに懸命になっています)

気分は大学生時代から変わっていません。

病気。
なりたくないですね。

死ぬ。
考えたくないですね。

でも、やって来ます。

しかし、実際のオイラはどうでしょうね。
早く結婚したいし(相手さんさえいれば、明日にでも結婚します)子どもも育てたい。老いる病気になる死ぬなんて考えていない日々を過ごしています。しかし、来るんですよね。

どのようにやって来る老いる・病気・死と同居していったらいいのでしょうかね。

人生さまよい歩いているにんにんでした。

posted by にんにん at 23:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

知ること

今日、テレビを見ていたらおもしろいCMがあった。

朝日新聞のCMである。いつから放送されていたのかは知らないが、思わず感心してしまった。

養老孟司さんと俳優藤井美菜さんの二人がベンチに座りながら新聞を読み、会話をする。

藤井「先生。”知るっ”てどういうことなんでしょう」
養老「それはね、知る前の自分と知った後の自分が違う。つまりは人が変わるってことなんですよね。だからものがわかると自分自身が変わるんですよ。それは、やっぱりね体験しないとわからない」

すごいですね、知る前と知った後の自分が違う。人が変わる。

ただ、頭の片隅に入ってくるだけでなく、そのことによって私が変わる。

私が変わるのかいや、知ることによって突き動かされ、変わらされることであろう。

たしか、相田みつおさんだったと思うが、

「感動とは 感じて動く と書くんだなあ」


理論が飛躍しているかもしれませんが、知ること・感じることによって、突き動かされ、変わっていく。

実は知るってことは、感動することなんですよね。
posted by にんにん at 22:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引き際

こんばんは。
にんにんです。
長いことご無沙汰をしてしまいました。
もともと、長続きしない性格なものなので…。
日記と言えば、夏休みの宿題ぐらいしか書いたことなく、またそれも、最後の3日間ぐらいで思い出しながら書いていたタチです…。
さて、最近ある言葉が頭の中をよぎります。
有名な言葉ではありません。オイラのおババ様が教えてくれたことです。
「世間には人様が出してくれる。でも、身を引くのは自分やで」
まあ、強引に一言でまとめれば、「空気を読め」と言えると思います。
空気を読めか…。
なかなか空気の読めない、にんにんでした。 
posted by にんにん at 21:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

うれしい報告

こんばんは、にんにんです。
 
9月例会参加の皆様、参加ありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。私は都合により参加できなくて残念だったのですが…。
えっ、私がいないから楽しかったのではないかと、勝手な被害妄想を膨らます今日このごろ。 
 
うれしいことがあったので報告いたします。
 
ミクシーでいろいろ検索していましたら、仏青のコミュニティーがあり、
先日のブロック大会の書き込みかありました。
 
な、な、な、なんと
>参加メンバーが帰って来た夜、ご飯食べながらお土産話を聞かせてもらったんですが、みんな「参加してよかったぁ〜〜♡」って。プログラムもワクワクの内容でした★
 
とのこと。
 
いやあ〜。うれしいですねほんとに、ほんとに。
 
これからも、西別院仏青がんばっていきましょうね。
posted by にんにん at 19:24| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

ブロック大会を終えて

こんばんは、にんにんです。
 
ブロック大会を無事に終え、翌日から何事も無かったように日常が続いているわけであります。
さて、今回はブロック大会の終了後のオイラの個人的なことであります。
 
ブロック大会2日目、すなわち9月10日(日)のことであります。
オイラは仕事の都合上10時過ぎに抜けさせていただいたわけであります。
そして、仕事をこなし、夜は吹奏楽の練習に顔を出したわけであります。
 
その日なんと、1日で傘を2本も無くしてしまったのです。
仕事先に1本と、吹奏楽の練習場に1本。
 
残念です。
大会を終え気が抜けたところがあったのでしょうか…。
 
傘を無くし本日の雨に打たれたにんにんでした。
posted by にんにん at 18:39| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

つんく♂ 京都のお寺で挙式

つんく♂さんが、 京都の西本願お寺で挙式みたいです。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060810-00000053-jij-soci
posted by にんにん at 22:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風一過

こんばんは、にんにんです。
 
さて、先日日本中を騒がせた台風7・8・9号が通過し、目立った被害もなくよかった。
しかも、台風が過ぎ今日はとんでもなく暑かった。


さて私は、台風というと思い出すことがある。
それは、大学生時代台風が接近すると決まって行なわれていたことがあるからだ。
学生時代のある日、台風が接近するとニュースで伝えられた時のこと。吹奏楽部の練習を終えアパートに帰るやいなや、覗かれていたごとく電話がかかってきて、

リリリリリン…
「もしもし」
「もしもし、にんにんか?わかっているだろ。○○の部屋にすぐ来い」
ガチャッ、ツー、ツー、ツー

という先輩からの問答無用のやりとりの後、「台風一過Uno大会」が行われていたのです。ルールは、普通のウノの通り行い、10回行い、負けの多い人間が台風の中飲み物(アルコール抜き)を買いに行く。これを朝まで続ける。徹マンならぬ、徹ウノである。

はじめは、鈴鹿8耐に対抗して、ウノ8耐を行ったのであるが、エスカレートし台風一過ウノ大会へと発展したのです。

また、なぜだか忘れたが、このウノの開催中は、「大序曲『1812年』」がテーマ音楽としてエンドレスで流れていた。空砲のところで、意味もなくどつかれていたな〜。

そんなことを思い出させる台風通過でした。

posted by にんにん at 20:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

涼子タ〜ン!

こんばんは、にんにんです。
全国真宗青年の集いに参加された皆様。お疲れ様でした。
楽しかったことでしょう。
 
さて、本日のタイトル、かなり怪しいタイトルがついているわけですが。
実は、ウチのおかんのことなんです。
別にウチのおかんの名前が”涼子”ではありません。
ウチのおかんですが、テレビに出ている米倉涼子さんと篠原涼子さんと広末涼子さんの区別が付かないんです。
テレビを見ていると、
「これ、なに涼子?」
と聞いてきます。
まあ、最近は広末涼子さんのことはわかるようになったのですが、
「あっ、これがスエヒロ涼子やろ」
と確認してきます。
”スエヒロ”じゃなくて”ヒロスエ”なんですけれど…。
私も年をとったら、このようになるのかなあ…。
posted by にんにん at 20:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

熱い夏も終わり

ご無沙汰しております。にんにんです。
一時は、ここは西別院仏青の名を借りた、にんにんのブログか?と思われるくらいの状態でしたが、しばらく休んでしまったので、そろそろ復活しようと勝手に意気込んでいます。
 
さて、本日のタイトルですが、パッと見”字が違う”にんにんは、正しい漢字を知らないのか?と思われたかもしれません。が、しかし、今日はこれでいいんです。
 
昨日、F井県のハーモニーホールにて、北陸吹奏楽コンクール(兼全日本吹奏楽コンクール北陸支部予選)が行われた訳です。
私の所属する楽団も、一応F井県代表として出場いたしました。
我々にとって、一昨年の全日本吹奏楽コンクールに北陸代表としての本戦出場。そして昨年、楽団史上初の屈辱の県予選落ち、まさに今年はリベンジの大会だったわけです。
メンバー全員が例年以上に気合いを入れて練習に励んだわけです。
その甲斐あって、県大会を通過し北陸大会に駒を進めることができたのです。
そして、昨日の北陸大会でした。
 
結果は、銀賞でした。
 
まあ、一応説明いたしましと、金賞・代表と金賞と銀賞と銅賞という4つの評価が下されるわけです。
4つの評価がありますが、音楽の評価には明確な順位付けはなく、「1位該当者なし」「2位出場者最高位」といった言い方ができるように、出場団体全てが金賞でも銀賞でもいいんですね。代表枠は決まっていますが、該当なしということもあります。
 
ですから、銀賞と言っても、評価は最下位だったんです…。
 
私たちにとって夏は、大会の時期であり、学生時代は一夏をかけて戦っていたんですね。(学生時代は、関西大会に出場しており、関西大会は8月の終わりなんです。)
 
嗚呼、熱い夏が今年も終わった…。
posted by にんにん at 17:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

本日のこと

こんにちは、にんにんです。
24日の例会に参加してくださった、皆様ありがとうございました。私は都合により参加できなかったのが残念至極であります。
ぜひぜひ、次回もお待ちしております。
 
さて、本日友人のお見舞いに行って来ました。
元気で何よりでした。
その友人というのが、実は自動車事故のため、入院とまではいきませんが、自宅療養中であったのです。はい。
友人が車を運転中、友人の前を走行中の自動車と、対向車が衝突。
友人はよけきれず、その事故車両に激突してしまったわけです。
俗に言うところのもらい事故というやつですね。
まあ、普段は安全運転な人なんですが、こればっかりは…。
 
皆さんも車に乗るときは特に気をつけましょう。
「ゴールデン免許」めざして。(以前のブログを参照ください)
ではでは。
posted by にんにん at 17:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

先日のこと

こんばんは、にんにんです。
いつも勇んで書き込んでますが、皆さんに読んでいただいているのでしょうか。
コメントください。
 
さて、気を取り直していきましょう。
先日また、時間が空いたので、映画を見に行って来ました。
(ひとりでです)
今回見た映画は、
「トリックー劇場版2ー」
でした。おもしろかったですよ。
仲間由紀恵ファンとして楽しく見させていただきました。
よろしく〜ね!
最近ネタの切れてきた、にんにんでした。
posted by にんにん at 21:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

先日のこと

こんばんは、にんにんです。
本日のタイトルは「先日のこと」ですが、サブタイトルとして「ウチのおかん」とつけておきましょう。
さて、先日オイラんちの近所が停電になりました。
電線にトラブルがありました。
その、停電になった時のことです。
ウチのおかんが、
「も〜。停電で作業ができない。」
とブツクサいいながら、2階から降りてきました。
そして一言、
「停電で作業ができなくなったから、テレビでも見ようかな。」
と言いました。
あの〜、停電で作業ができなくなったのはわかるのですが、停電ですからテレビも見れないんですけれども…。
そんな親から生まれたにんにんでした。
posted by にんにん at 00:29| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

今日(昨日)のこと

こんばんは、にんにんです。
ただ今帰宅したところです。
本日のタイトルは「今日(昨日)のこと」なんやこれ?と思われるかもしれませんが、日付が変わってしまったため、こんなタイトルとなりました。
 
私は今日(昨日)西別院近くにある、某H高校の吹奏楽部に楽器の指導に行って来ました。生徒さんからも先生と呼ばれました。
指揮者の教諭が、
「本日こられているにんにん先生は、ここのOBで、皆さんの先輩になります。」
と紹介されました。
生徒さんたちは
「へぇ〜」
という反応でしたが、
「にんにん先生はいつ頃高校におられましたか?」
とオイラに話を振ってきたので、オイラは
「平成の初め頃にいました」
(私が中学校の時に平成になったんですよ。年がばれますね。えっもうバレてる?)
といったら、生徒さんたちの中から、
「私らが生まれた頃ですね」
と返ってきました。
はぁ〜もうそんな時代なのかと少し黄昏ました。
時代の流れを感じたにんにんでした。
posted by にんにん at 01:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

本日のこと

こんにちは、にんにんです。
本日、映画を見に行って来ました。
タイトルは
「佐賀のがばいばあちゃん」
佐賀弁で「佐賀のすごいおばあちゃん」という意味です。
ご存じの方もおられるとおもいますが、島田洋七さん原作の映画で、ネタにもなっていますよね。
 
「ハラへった」
「気のせいや」 
 
「英語がわからん」
「答案用紙に私は日本人です。と書いておけ」
 
「漢字がわからん」
「ひらがなとカタカナで生きていきます。と書いておけ」
 
「歴史がわからん」
「私は、過去にはこだわりません。と書いておけ」
 
とまあ、こんな感じでした。
このことをタタタ氏に話したところ。
「そんなのダメじゃないですか」
と一言で終わってしましました。
 
残念なにんにんでした。
posted by にんにん at 18:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

最近のこと

こんにちは、にんにんです。
最近のことなんですが、今年に入ってから、何度か女性を紹介されるんです。
(こちらからお願いしているわけではありません。たしかに、希望はしていますが。)
まあ、言い方を変えると、その度に傷ついていっているとも言えます。
(これ以上は、ハッキリいえません。あしからず)
でもなぜだか、紹介される女性が「献血」が好きな人ばかりなのです。
なぜだかわかりませんが、そうなんです。
献血は素晴らしいことです。是非皆様にも行っていただきたいと思っています。
献血が変とかそんなことを言うつもりは毛頭ありません。
しかし、本当に献血好きな人を紹介されます。
これって何かあるのでしょうか。
6年前に献血のあと起きあがれなくなって以来献血をしていないにんにんでした。
ではでは。
posted by にんにん at 16:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。