浄土真宗本願寺派福井教区仏教青年会のブログです。
随時新会員募集中!

「仏教青年会」とは?
若者が仏教を通して集い、共に成長する場!
西別院仏青はそんな集まりです。
学習とレクリエーションのセットみたいな感じで
やっていけたらいいなぁ〜と思います。
お寺の人もお寺じゃない人も、どうぞご参加ください!

2007年04月13日

桜に思う

こんばんは、にんにんです。
新しい年度になり、みなさま如何おすごしでしょうか?
年度は新しくなりましたが、何にも変わっていないにんにんです。 
   

さて、オイラん家(ち)の庭の垂れ桜(しだれざくら)も今が見頃です。
この桜の木、5代前の主人が植えたと伝えられている。
オイラから数えると6代前の方です。
  
今では立派な桜に成長しました。
  
「桜の花を見て花をほめる人はあっても、根っこをほめる人は少ない」
  
なんて言葉を思い出す。
 
オイラの家の庭にどっしりと根を張って、移り変わりをじっと黙って眺めていたのであろう。
もしかすると、オイラが死んでもこの桜の木はじっとたたずみ続けるのだろう。
  
時代が変わり、環境が変わり、人が変わっても毎年春になると花を付け、眺める人を楽しませてきたのである。
  
壮大である。オイラなんかチッポケな存在なんだろうな。
  
さいごに、
  
桜の花が今年もまたたくさん咲きました
同じ木に毎年きれいに咲く花ですが
同じ花は一輪もありません
花びらが散った後に落ちる”がく”もあります
実をつけるものもあります
でも散った花はまた土にもどって
花をさかせてくれます
まるであなたのいのちのようです
あなたとの出会いがあった事を感謝します
(とある亡き人への手紙より)



posted by にんにん at 21:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。