浄土真宗本願寺派福井教区仏教青年会のブログです。
随時新会員募集中!

「仏教青年会」とは?
若者が仏教を通して集い、共に成長する場!
西別院仏青はそんな集まりです。
学習とレクリエーションのセットみたいな感じで
やっていけたらいいなぁ〜と思います。
お寺の人もお寺じゃない人も、どうぞご参加ください!

2006年08月10日

台風一過

こんばんは、にんにんです。
 
さて、先日日本中を騒がせた台風7・8・9号が通過し、目立った被害もなくよかった。
しかも、台風が過ぎ今日はとんでもなく暑かった。


さて私は、台風というと思い出すことがある。
それは、大学生時代台風が接近すると決まって行なわれていたことがあるからだ。
学生時代のある日、台風が接近するとニュースで伝えられた時のこと。吹奏楽部の練習を終えアパートに帰るやいなや、覗かれていたごとく電話がかかってきて、

リリリリリン…
「もしもし」
「もしもし、にんにんか?わかっているだろ。○○の部屋にすぐ来い」
ガチャッ、ツー、ツー、ツー

という先輩からの問答無用のやりとりの後、「台風一過Uno大会」が行われていたのです。ルールは、普通のウノの通り行い、10回行い、負けの多い人間が台風の中飲み物(アルコール抜き)を買いに行く。これを朝まで続ける。徹マンならぬ、徹ウノである。

はじめは、鈴鹿8耐に対抗して、ウノ8耐を行ったのであるが、エスカレートし台風一過ウノ大会へと発展したのです。

また、なぜだか忘れたが、このウノの開催中は、「大序曲『1812年』」がテーマ音楽としてエンドレスで流れていた。空砲のところで、意味もなくどつかれていたな〜。

そんなことを思い出させる台風通過でした。



posted by にんにん at 20:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれの記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。